敏感肌 乾燥肌 洗顔

敏感肌・乾燥肌の為の入浴・洗顔

敏感肌,乾燥肌,入浴,洗顔,方法

健康なお肌を維持していく為には、様々な要素が必要になります。まず、入浴の段階から肌を守るケアは始まっていると言っても過言ではありません。

 

特に洗顔をする場合は、洗顔料の泡立て方や洗い方一つでも肌が決まってしまう事も多いのです。洗顔をする時に特に注意すべき事は、こすらない事がまず一つであり、こすらない為に良い泡を作り出す事も肝心なのです。

 

さらに注意すべき事は、洗顔する時のお湯の温度です。温度が高いと、肌荒れや敏感肌にとっては大きな打撃となる事もあるのです。ですので、なるべく温度はぬるめで、25度から30度くらいの温度で洗顔しておくのがベストです。

 

また、どうしても肌荒れが防げない場合などは、塩素をカットするシャワーヘッドなどに変えるのも効果的です。案外知られていませんが、水道水でも肌荒れをしてしまう場合も多くあります。このような場合に、塩素への対策をしておくと肌荒ればかりか、髪などのダメージを避ける事もできるのです。

 

また、湯上りには、タオルなどで顔をこすらないようにする事もとても大切です。タオルの質感がごわついていたりすると、それだけで皮膚の表面が傷つく事も多くあります。最後までしっかりと怠らず、ケアに優しさを加える事が乾燥や敏感なお肌を守る為には必要なステップなのです。

 

また、どうしても乾燥してしまう場合は、お風呂でキャリアオイルなどを事前に使うのもお勧めのケア方法です。洗顔やその後の少しの気遣いで、お肌の乾燥や敏感肌を避ける事ができるのです。

 

敏感肌,乾燥肌,入浴,洗顔,方法敏感肌用クレンジングランキングこちら

page top