敏感肌 生活習慣

意外な習慣が作る敏感肌

敏感肌,生活習慣

美容に敏感な方の中には敏感肌でお困りの方がいるかもしれませんね。これだけスキンケアをしているのになぜ敏感肌になるのはおかしいとお考えではないでしょうか。

 

実は、敏感肌は何気ない習慣が作り出している可能性があります。敏感肌になる原因から考えていきましょう。

 

私たちの肌は表皮・角質層が覆い、そのの上を皮脂が覆っています。角質層は、角質細胞が重なることで成り立ち、角質細胞の間を角質間脂質と呼ばれる脂が埋めています。これらの構造により水分の蒸発を防いだり、外界からの異物の侵入を防いでいるのです。

 

この角質層や表皮が全体を覆うことでいわゆる美しい皮膚が作られるのですが、これらは非常に薄く脆いものです。毎日のちょっとした習慣で簡単に壊れてしまいます。壊れた部分は急いで新しいものにつくりかえられるのですが、出来上がったばかりの角質層などはその役割を十分に果たすことができません。

 

毎日の習慣で壊され続ければ、十分な角質層が形成される暇がなく、その結果として敏感肌が作られるのです。

 

お肌に負担を与える毎日の習慣は意外なほど身近なものです。コットン等でお肌をこする。アルカリ性化粧品の常用。スクラブ入り洗顔の常用。過剰なあかすりなどの習慣が角質層にダメージを与える原因となります。

 

これらに気づかず繰り返していると、どれだけ美容に気を付けても敏感肌になってしまうのです。お肌を大切にしたい方は、そのケアの必要性まで考えるようにしましょう。

 

敏感肌,生活習慣敏感肌に適したクレンジングとは?敏感肌用クレンジングはこちら!

page top