敏感肌対策

敏感肌対策は肌の保湿と生活習慣の見直し

敏感肌対策

日本は四季があるので、紫外線が強い夏や乾燥する冬など様々な状態に肌がさらされます。特に季節の変わり目に敏感肌になって肌トラブルを起こす人が増えます。

 

肌が外部の刺激に敏感になる大きな要因に水分不足があげられます。肌の細胞の間にはセラミドという保湿成分があって細胞と細胞をつなげています。セラミドがたっぷりある肌は潤いがあって健康を保つことができますが、加齢によりセラミドは減ってきます。また不規則な生活も肌のターンオーバーを乱すため、細胞の新陳代謝が悪くなりセラミドが減ってくるのです。

 

セラミドが減ると水分が蒸発してしまうため、細胞の間がスカスカになってきます。そこに外部から刺激が加わると肌荒れを起こしたり、しみる、赤くなるなどの症状を起こすようになります。

 

敏感肌を正常に戻すためにはセラミドを補うお肌のケアが大切になります。セラミドが配合された敏感肌化粧水で保湿をしっかりして、その後、水分をとどめておけるようにクリームなどで蓋をします。

 

また肌のターンオーバーを正常に戻すような生活習慣も大切です。ストレスや喫煙は毛細血管を縮小させ、血行が悪くなることが知られています。血行が悪くなると肌を作る細胞に栄養が酸素が行き渡らなくなるので肌の再生に悪影響を及ぼします。リラックスして運動もするようにすると肌のターンオーバーも正常になります。

 

また腸内環境を整えることも敏感肌解消の為には大切です。便秘が続くと有害な物質が腸壁から吸収されて血管の中に入り、体の中を巡ります。これも肌の新陳代謝を悪くする要因になっています。

 

敏感肌を治すにはお肌のケアと共に生活習慣を見直すことが大切なのです。

 

敏感肌対策敏感肌には敏感肌用のクレンジングを!肌に刺激のないクレンジング料の選び方

page top