ゆらぎ肌対策

ゆらぎ肌対策は保湿に気を使うことです!

ゆらぎ肌とは,対策

冬は空気の乾燥がひどいので、乾燥肌や敏感肌の人は特に肌荒れしやすく、かさかさした感触になりがちなので、こまめに保湿ローションや美容液を使って対策しなければなりません。

 

しかし、そんな厳しい冬がようやく終わりを迎え、春のあたたかな兆しが出てきた頃にもまた肌荒れが起きやすいので、これはどういうことかと思っている方もあるかも知れませんね。

 

これはゆらぎ肌と呼ばれるもので、冬から春などの季節の変わり目にはよく起こる現象です。具体的には環境の急激な変化によりお肌が敏感になり、刺激を受けやすい状態となっているため、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。

 

お肌が赤くなったり、ぴりぴりとした感覚になることもあるので非常に厄介ですが、環境変化による刺激以外に、紫外線や花粉、日々のストレスなども原因なので、これを防ぐためには冬と変わらない保湿対策と生活環境の見直しが必要です。

 

またゆらぎ肌は生理前になりやすいので、ホルモンが活性化する夜遅くまでは起きていないで、早めに就寝することが大切です。長めに入浴するようにしたり、ストレスをためないよう、定期的に趣味で発散するのも良いですね。

 

そして一番大切なのは、ゆらぎ肌かなと思ったときに、すぐに普段使っている化粧品を替えるような真似はしないことです。高価なローションやクリーム、美容液にはたしかに肌に良い成分がたっぷり入っていますが、過剰に塗り過ぎると余計にお肌に負担をかけてしまいます。

 

あくまで普段使っている自分に合った化粧品はそのままで、お肌の渇きを感じるたびに保湿をこまめに行うという方法を取った方が良いでしょう。

 

page top